環境にもやさしいおもちゃのサブスク

定額レンタルによるおもちゃのサブスクは、一般的に懐にやさしいイメージですが、実際には環境にもやさしい仕組みだといえます。おもちゃのサブスクはレンタルによる貸出、返却の繰り返しで成り立っていますから、遊び終えたら処分して買い替える従来の購入とは大きく異なります。それはゴミを増やさないという意味でもありますし、限りある地球の資源が有効活用できるという意味も併せ持ちます。レンタルで気になるのは衛生状態ですが、返却後は洗浄され、必要に応じて除菌や抗菌が行われてから再び貸出されます。

つまり衛生面を気にする必要はありませんし、安全に遊ぶことができるので安心して子供に与えられます。おもちゃのサブスクは知育玩具が中心ですから、手で触れて遊ぶだけでなく、子供が口に入れることも当然ながら想定されます。衛生面の管理がしっかりと行われているのも、小さい子供、特に幼児がおもちゃを舐めるようなことがあるのが理由です。環境問題にも目を向けていたり、環境負荷軽減に取り組んでいるサブスクサービスは、洗浄や除菌に使用する洗剤も環境にやさしいものを選んでいる傾向です。

中には拭き取りだけで水洗いが不要だったり、拭き取りすら不要な洗剤を採用しているところもあります。配送や返送用の梱包資材にも拘り、再生資源を有効活用していたり、緩衝材を再利用しているおもちゃのサブスクサービスも珍しくないです。いずれにしても、処分して買い替える習慣からレンタルで借りる習慣への移行は検討する価値がありますし、持続可能な社会の実現を思えば検討して当然だと思われます。