切削加工とはどういったものか

切削加工とは、工具類を用いて金属(鉄・アルミ・銅・ステンレス・真鍮)を中心に木材やプラスチックなどの材料を、削ったり穴を開けたりする加工方法です。人力(カンナ・ノミ)もありますが、一般的には工作機械を使って行ないます。切削加工とは、材料の余分なところを削り取ることから、除去加工とも言います。切削加工とは、形状の違う複数の刃を使って工程を分け、さまざまな形状・厚み・大きさに加工でき、高品質な製品が作れる加工方法です。

切削加工はコンピューターで制御ができるので、精密なデザイン設計も簡単にできて、サイズなどの微調整もしやすいというメリットがあります。また、精密なデザインの製品でも、少ない数(最低1個から)でも加工することが可能です。金型を準備する必要もないため、短い納期で対応することができます。主に切削加工には、加工する物を固定して工具を回転させる「転削」という方法と、逆に加工するものを回転させる「施削」という方法があります。

転削の代表的なものが「フライス加工」で、テーブルに固定した素材に、切削工具を回転させ滑らかに当てて切削を行ないます。穴開け・みぞ削りなど他にも、素材の表面を曲面や平面に加工できます。旋削の代表的なものは「旋盤加工」で、旋盤という機械で固定してから回転させる素材に、主軸に固定したバイトという刃物状の工具に当てて加工します。丸い形(ピンやボルトなど)の製品加工ができます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です