切削加工とはどのような加工方法なのか

製品を作るには、様々な加工を施す必要があります。加工にも色々な種類がありますが、切削加工も様々な製品の加工に採用されている方法です。切削加工とは、その名前の通り素材を目的の形状に仕上げていきます。金型を使わないので金型製作の手間やコストもかからず、高い精度が得られるというメリットがあります。

切削加工では、プラスチックから金属まで様々な素材を加工することができます。削ったあとには切りくずも発生しますが、リサイクルで再利用されることも多いとのことです。工作物を削る方法ですが、表面を削るのか内側を削るのかでも作業方法は変わってきます。旋盤加工とは、機械ではなく素材を回転させて丸形状のものを作る加工法でボルトやボールねじなどを作るのに向いています。

フライト加工と呼ばれる方法もありますが、フライス加工とは旋盤加工とは逆に工作物ではなく機械を回転させて削り取るのが特徴的です。溝を加工する工具や平面の加工を行う工具を作るのに向いている方法で、シャフトホルダーやフランジなどを作るのに向いています。この他にも切削加工には様々な方法がありますが、金属や樹脂素材などいろいろな素材を様々な大きさや厚さ、形状にできるので質の高い製品を作れるのがメリットです。金型が不要なので短納期で仕上げることができるのも利点といえるでしょう。

素材を削り取りながらの加工になりますので、大量生産にはあまり向いている方法ではありません。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です