切削加工は種類によって使い分けが可能

切削加工の種類はまずは大きく転削と旋削の2つに分かれます。加工対象となる工作物を固定し、工具を回転させながら作業を行うのが転削と呼ばれる方式です。知名度の高いフライス盤は転削加工にあたり、繊細な作業を行えるのが特徴でしょう。一方で旋削加工は工作物を固定するのではなく、機械側を固定するのが特徴です。

工作物自体を回転しながら加工を行う旋削加工の代表には、旋盤加工などが挙げられるでしょう。転削の代表であるフライス盤は、穴あけや溝彫りといった多種多様な加工を行えるのが魅力となっており、さまざまな作業で活用されています。転削加工の名称は知らなくても、フライス盤の名前は聞いたことがあるという人も多いかもしれません。平面だけではなく曲面の加工も行える、断続的に工具を当てる加工によって繊細な調整ができるなどの魅力があり、アイディア次第で多彩な製品に使える加工法です。

工具の取り付け方向によって横形と立体があり、正面フライスやエンドミルといった工具が使用されているのも特徴です。旋削はフライス盤とは異なり、主軸に固定した工作物を回転させながら加工を行っていきます。切削加工の種類の中でも穴あけや穴ぐりを得意としており、工作物の外周を円形に加工したり、溝ほりを行いながら切断したりと活用される方法です。転削や旋削をはじめとした切削加工の種類の種類を理解することで、より製品に合った加工方法を選択することができます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です