切削加工の代表的な種類

物を作る時の方法として塊を削って作り出す方法があり、この際に行われるものが切削加工と呼ばれますが、その切削加工にもくつかの種類があります。身近なものとしてはドリルを使った穴あけやノコギリを使って削るというのも切削加工の一つですが、工業的に使われているものでは旋削や中ぐり、スライス削りや平削りのようなものがあるものです。工場でよく使われている旋盤機械は旋削と呼ばれるもので加工物を回転させ、そこにバイトと呼ばれる硬質の刃を当てることで削っていきます。回転しているので円筒のものを作るのが中心ですが、加工方法を工夫することで球体を作ることもできるもので、穴あけと同時に幅広く使われているものです。

また中ぐりやスライス削りでは回転しているバイトに素材を当てることで穴を開けるというものですが、台が動くことで広い穴を開けることができるもので、表面を加工するのに使われるものです。切削加工にはさまざまな種類がありますが、何も共通していることはしっかりと固定した状態で行うというもので、それによって精密な加工が可能となります。工業用に使われている加工機の種類も豊富ですが、現在主流となって使われているものはコンピューター制御により加工を自動的に行うというものです。それらを使うことによって数値を入力するだけで必要な加工を自動で行なってくれるもので、熟練度をそれほど必要としませんし、また同じものを作り続けることができるメリットがあります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です