切削加工の種類について

切削加は、機械加工技術の一つであり切削加工以外にも研削加工や研磨加工といった種類と工程があります。金属を加工するためにはまずは大きな形に切ってから、削って形を整えてより詳細に研磨していくことで作り上げられていきます。この順を追った工程を多なうことで、非常に高精度で精密な工具を作ることができるのです。制作する形状によって使う機会も異なっていて、加工方法も異なります。

今回は切削加工に焦点を絞ってみていくことにしましょう。切削加工は、切削工具をもちいて金属を切ったり削ったりして目的の形状に加工する最初の段階です。切削には「切る」と「削る」に分かれていて、まずは大きく削っていくことで大まかな形にして削ることで徐々に目的とする形にしていきます。具体的には錠削(せんさく)は、削る工作物を回転させて、鋭利な金属で削っていく方法です。

外側を削ったり内側を削ることができます。穴あけもこの種類に含まれその名のとおり工作物に穴をあけるもので、このほかにもだんだんに削フライス削りや凹凸を付ける形削りなどがあります。削る刀を一つだけ用いる者が連続切削と呼ばれ、刃工具を用いる切削方法は断続切削と呼ばれ様々に分類されます。このように様々な種類の刀と工法を組み合わせていくことで、非常に精度の高いものを複雑に作れることも可能です。

ねじを作るのにも大きさのものが作れたり、非常に大きなものや微細なものまでつくれるのはこの機械加工技術が支えています。切削加工の種類のことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です