切削加工が抱える様々な問題について

切削加工とは工具を使って金属などの材料を削り、目的の形状を作り出す技術です。大工が鉋やノミを使って人力で作業を行うのも切削加工の一種ですが、製造業の現場では機械を使ったフライス加工や旋盤加工が広く行われています。フライス加工とは工作物を固定して工具を回転させる方法で、旋盤加工は反対に工具を固定して工作物を回転させます。スタッフが手動で作業する汎用フライスや汎用旋盤は、工作物を精巧な仕上がりにすることができます。

切削加工をスタッフが手動で行う場合には、1個の製品にある程度の時間がかかるという問題があります。作業に時間がかかるので素早く大量生産をするのが難しいだけでなく、材料の多くが切り屑となって浪費されるという問題も存在します。さらに作業に時間がかかると人件費も高くなり、材料の無駄が多くなると材料費が高くなるという問題もあります。製品の価格をなるべく安くしたいのであれば、人件費や材料費の高騰を抑えなければなりません。

NCフライスやNC旋盤はコンピュータが内蔵されており、加工条件を自動的に数値制御します。自動で加工を行うので作業効率が高まるだけでなく、初心者でも一定水準以上の品質に仕上げることができます。効率的に加工を行うことができるため、材料の無駄な浪費が抑えられ製品の価格を安く設定することも可能です。コンピュータによる数値制御を行うNCフライスやNC旋盤は切削加工が抱える問題を解決するため、様々な製造業の現場で使用されています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です