コンピュータが切削加工の問題を解決します

製造業の現場では、NCフライスやNC旋盤を使った切削加工が行われています。切削加工とは金属などの素材を削って求める形状を得る技術で、フライス加工と旋盤加工が代表的です。前者は工作物を固定して工具を回転させますが、後者は反対に工具を固定して工作物を回転させます。NCとは数値制御を意味するNumericalControlを略したもので、コンピュータによって加工条件が自動的に制御されます。

作業員が手動で加工を行う汎用フライスや汎用旋盤もありますが、扱いには熟練が必要です。NCフライスやNC旋盤ならばコンピュータが自動的に加工条件を制御してくれるので、初心者でも高品質な加工ができます。例えばNCフライスはかつてパンチカードなどを使っていた時代もありましたが、現在は内蔵されたコンピュータで制御を行うのが主流です。コンピュータを使うタイプは、ComputerizedNumericalControlを略してCNCフライスと呼ばれることもあります。

このタイプは自動運転なので作業効率が優れており、3DCAD/CAMソフトウェアの加工プログラムで制御すればより複雑な形状に仕上げることも可能です。切削加工には1個の製品を作るまで時間がかかり、材料を無駄に削って浪費するという問題がありました。人件費や材料費が高くなると製品の価格も高くなってしまい、営業成績にも影響を及ぼします。また製品が仕上がるまでに時間がかかると大量生産ができず、市場のニーズに対応できないという問題もあります。

NCフライスやNC旋盤は効率的に切削加工を行うことができ、これらの問題を解決してくれます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です