切削加工で製造された数々の事例は豊富にあります

金属材料や木材材料などに対して切削加工を施すには、旋盤やフライス盤を使うことが多く、更にマニシングセンタと呼ばれる機器も採用している工場は沢山あります。特に金属加工においては手作業で行うことは非常に困難になり、出来たとしても制作日数が掛かってしまう問題や、同一のものを作り続けることは難しい傾向にあります。少しの誤差が出てしまっては商品やパーツとして販売することができない状態になることから、加工をするには切削加工機を利用することは今では普通のことです。制作可能な事例は数多くあり、例えば金属製のペン立てなどの場合は、1度の作業で即商品化することができる範囲です。

他にも金属製の器やコップ、各種サイズの缶なども簡単に作り出せるので、販売する商品に合わせた機種選びを行えば、材料を無駄にせずに大量生産をすることは十分に可能です。他の事例では工業製品に使われるパーツの制作などを上げることができ、自動車関連のパーツの他、特殊なネジの制作、各種機械器具を製造する過程で必要とされるオリジナルのパーツも大量生産できる範囲です。切削加工機は自動で操作できるマシンもあり、加工後の削られた部分の断面や切り口を確認しても粗さは全くない綺麗な状態で完成させられます。マニシングセンタの場合は、3Dの設計データをマシン側に設定することで、単に削る作業や材料の内側を削ること、外観に溝を掘るなど単純な加工だけではありません。

非常に精密性の高い複雑化したパーツでも大量生産できることは事例を参照してもあらゆる面でコストカットを行えるので、会社の利益を大きくすることにも貢献する技術です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です