身の回りにおける切削加工の例

身の回りの切削加工の例にはどんなものがあるでしょうか。それはあらゆるものに使われており、とても身近なものです。それを見たことがないと言う人はほとんどないでしょう。その1つはネジですが、切削加工の最も代表的な例と言うことができます。

ネジをどのように加工して切削加工して製造しますか。その製造過程は大きく2つに分けることができます。その1つは螺旋の原型となるものを機械で加工していくことです。もう一つは切削の機械を手でもってネジを削っていくことです。

どちらにも利点があり目的に応じて活用されています。もし世の中にネジやパーツがないならどうなるでしょうか何も組み立てることができません。確かに古代におけるもの作りにはネジや釘が一切使われていませんでした。パーツをパズルのように組み合わせることによって密着させていたからです。

日用品ならこれで良いかもしれませんが強い力がかかるものならそれだけでは不十分です。接着剤と言うものも昔はありませんでした。ですから2つのパーツは非常に正確に作られていなければいけませんでした。ちなみに切削加工に向いているのはどんな人ですか。

それは仕事が丁寧で真面目な人です。手先は器用な方が良いですが直面していくうちにだんだんと上手になります。根気がない人は途中で妥協してやめてしまうかもしれません。こだわりの強い人が切削加工には向いていると言えるでしょう。

高度経済成長と製造業は切っても切り話すことができません。それによって日本の経済は世界の舞台で活躍できるようになりました。パーツ製造もその一つの例です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です