切削加工比較的曖昧な定義

旋盤とマシニングセンタやボール盤による施工が、切削加工の定義として代表的な加工法になります。JISにおいても切削加工の厳密な定義は、定められていないため比較的曖昧という現状があります。しかし多くの場合切削加工の定義は工作物の不要部分を、刃物状の工具を使用し切りくずしながら除去し欲しい形状を作る加工法のことを表します。同加工法は機械加工や除去加工などの一種になります。

加工法として最も一般的な施工法の中には旋盤とフライス盤や、マシニングセンタ或いはボール盤などによる加工法が代表的といえるでしょう。物の形状を作る方法は鋳造並びに鍛造や、プラスチックであれば射出成形など沢山あります。これらの中でも比較的高い精度を切削加工において得ることが可能で、多品種少量生産でも金型などの準備が必要なく対応できることが特徴といえるでしょう。機械加工の場合は不要部分を砥石により除去する加工法となり、切削加工に加えて研削加工も指しますがこちらは刃物ではありません。

1回の工程において削り取る量が少ないため同加工法と比較して、さらに高い精度が得られますが同じ加工を行う際に時間がかなりかかるでしょう。そのため一般的な手順としてまず同加工法で全体を作り、より高い精度が求められる箇所にだけ研削加工を追加で行えば間違いありません。鋼とアルミニウム合金や黄銅、さらにはステンレスなどの金属が加工可能な材料の代表です。ポリアセタールとポリカーボネートやアクリルもしくはABSなどが、プラスチックにおいて多く加工に使用される材料の代表といえるでしょう。

そして難しい形状と高い精度や小ロットに対して、射出成形において対応できるため試作品及び加工治具などに使用されます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です