切削加工の定義について

切削加工は機械を使って金属などの素材を削る技術です。その定義は、木工や金属加工などで製品を作るための加工法です。金属加工、木材加工、プラスチック加工などさまざまな造形作業に用いられる一般的なものです。その定義は、加工法を指し、特定の作業を意味するものではありません。

実際のところ切削工具は、材料を切るために多くの人が使用します。ナイフを使う場合もあれば、ハサミを使う場合もあり、さらにはレーザーを使う場合もあります。家にある代表的な工具といえば家庭用の包丁やはさみです。ほとんどのケースでは日曜大工やDIYなどで切削に使う工具をそろえます。

切断作業は製品の形態に応じて、一般的に機械式、半機械式、手動式の3つに大別されます。機械式は機械的な力を利用した特殊な工作機械を用い、材料に力を加えて削るのです。このタイプは電動工具が主流です。しかし切削加工の定義する範囲は広く、手動工具であるカンナやノミのように手を使った方法も同じ切削加工です。

また木材の切断にもカッティングが使われます。道具としては手鋸と鋸刃が使われます。特に工作機械の中で一般的なものは鋸刃です。切断作業の一例として、機械的切断があります。

木を切るために作られた自動切断機と併用することが多く、自動で制御され自分で切断する手鋸も代表的です。切断する材料として、ステンレスやアルミニウム、ガラスなどの切断に使用できます。最終的にその材料を切削加工用の道具を使って加工するのが目的です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です