切削加工での問題について

切削加工は金属や樹脂を専用の機械を使って削っていき、設計通りの寸法・形状にする加工の方法です。ただし、この切削加工にはいくつか問題があります。金型を準備する必要はないとはいえ、削りながら加工することで時間がかかってしまうので、小さい単位で作ることはできるものの、大量生産をするのは難しく限界が出てきます。また、材料を削って製品を作っていく加工方法ということは、切り屑の処理が必要という無駄が出ます。

削られたその分も材料がかかるということになり、1つあたりの材料費が高くなるコストの問題もあります。コスト高という点でも、大量生産にはそぐわないと言えます。また、切削加工は一般的な加工方法ではありますが、作ることができない形状もあります。軸に刃を取りつけて回転させて削るという構造上、軸側の方向から見て壁の裏は削ることができません。

それぞれ加工したものを溶接したり、あらかじめ切削しやすいような形状にしておくなどの工夫が必要です。コンピュータ制御により様々な形を高い精度で作ることができる一方で、複雑な形にするに多くの刃物を使わなければなりません。そのためコストは高くなりますし、加工設備によっては作れない製品もあるという問題もあります。切削加工を行うところはそれぞれ得意・不得意のサイズや素材があることが多いので、こちらが希望するものを作る能力があるかどうか、予め依頼する先を探しておく必要もあります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です