切削加工のコストの問題を考える

プラスチック製品を考えた場合、原材料を型に流して簡単に大量生産が可能です。そのため安価な商品をたくさん作ることが出来、生活になくてはならないものとなっています。しかし、金属素材を切削加工する場合そのように簡単にはいきません。では、どのような問題が生じるのでしょうか。

金属を削って作るのが切磋加工ですから、一個の部品を作るのにも手間がかかりますので人件費がかかります。プラスチック製品を作るのとは大きく異なるのです。しかも、素材を削りますので削りカスが出てしまいますのでそれが無駄になってしまいます。結果としてコストが上がってしまうという問題が生じるのです。

このような問題を解決するために、今ではコンピュータ制御の旋盤の機械が導入されています。無駄を省き、スピーディに切削加工が出来るようなっているのです。また、コストはかかりますが、オーダーメイドに対応しやすいので、顧客のニーズに合わせた製品を作ることが可能になります。切削加工において、コストはかかっても大事な部品をキチンと作ることは大切です。

ネジ一個であっても不良品があるなら製品全体に影響が及ぶからです。技術が進歩することで大量生産や効率化は格段に良くなっています。町工場の後継者問題もありますが、技術でクリアーできる点も増えていくことでしょう。それでも、人の感覚や経験が求められる点も多く、技術の継承も大事になっていますので若い人が学ぶことも大切だと言えます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です