切削加工が抱える問題について

切削加工は主に金属をバイトやフライス、ドリルなどの工具を使って切ったり削ったりすることで目的の形状を得る技術です。金属が素材となる場合が一般的ですが、木材やプラスチックなどその他の素材もこの技術で加工されることがあります。日常生活に近い事例では大工が鉋やノミを使って木材を切ったり削ったりするのも切削加工の一種です。大工は人力で切削加工を行いますが、様々な製造業の現場では専用の工作機や専用工具が使われています。

この加工方法には工作物を固定して工具を回転させる転削と、工具を固定して工作物を回転させる旋削の2種類が存在します。フライス加工は転削の代表的な方法であり、旋盤加工は旋削の代表的な方法です。製造業の現場ではNCフライスやNC旋盤のように加工条件をコンピュータが制御する機械が広く使われています。汎用フライスや汎用旋盤のようにスタッフが手作業で加工を行う装置もありますが、高品質な製品を作るには熟練が必要になるという問題があります。

しかしNCフライスやNC旋盤のように自動的に加工が行われる機械を使えば、初心者でも一定以上の品質の製品を作ることが可能です。金属を切削加工する場合には、1個の製品を作るのにある程度の時間がかかってしまうという問題が存在します。大量生産を行うには、一定の時間が必要なため余裕をもって納期を設定することが大切です。また切削加工には切り屑が大量に発生して材料が無駄になり、コストが高くなるという問題もあります。

コンピュータで数値制御を行えば、無駄を抑えて短時間で大量生産することも可能です。切削加工の問題のことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です