切削加工は何を意味するのか?

切削加工という言葉を初めて聞いた方は、なんとなく切ったり削ったりする工場などで行われている作業を意味するのかなと想像するかもしれません。しかしその意味や内容を詳しくは分からないでしょう。切削加工はどういったことを意味するのか、詳しくあげていきますのでまずは参考にしてみてください。まず切削加工というのは、金属などの素材を機械を使って切ったり削ったりすることを指します。

削ると一言でいっても、穴を開けたい時や削りたい場合では加工する工具も異なりますし方法も違ってきます。それを的確に判断してアプローチしていく事が求められます。材料の形状であったりサイズによって、旋盤やフライス盤、またマシニングセンタなど加工に用いる機械も変わります。切削加工における、代表的な加工の方法は5つありますので、まずはそちらをチェックしていきましょう。

代表的な基本加工は外形加工や内部加工、穴開け加工、ネジ加工と板材の抜き加工です。外形加工は、その言葉通り外側を削って、形作る加工方法です。内部加工は、外形加工とは反対で材料の内側を加工します。主に穴内部の加工が多く、穴開け加工で開いた穴を広げる中ぐり加工であったり、完成バイトでのキー溝の加工などがあげられます。

穴あけ加工はドリルを用いて材料に穴を開ける加工法ですが、ドリルでの穴開けは精度が高くないということもあり、穴の寸法の精度を出すときには内部加工で仕上げを行うことになります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です