切削加工の方法の意味を考えることで、高品質に

切削加工は、機械や工具を利用して対象物を削ったり切り取ったりする加工方法を意味します。従来からよく知られた切削の道具に、鉋やノミがあります。たとえば鉋は木材の表面を削り取り、滑らかな表面にしあげることが可能です。一方ノミは四角に刳り貫いたり、あるいは形の悪い部分を落としたりできます。

これらは主に手動で行いますが、機械を利用すれば金属など硬い素材でも切削可能です。旋盤は円筒形の工作物を回転させて、ねじ切りなどの加工をします。その他にも中ぐりといって穴を開けたり、溝を加工するなど機械を用いることで、高速での切削加工ができるのです。切削加工は加工の方法によって二つの意味を持ちます。

まずは加工するモノ自体を回転させる旋削です。この場合は工具は固定されていますので、両方を接触させることにより、穴を開けたり、一定の形状のモノを作りたいとき便利です。すべてをコンピューター制御によって作成することも行われます。その逆にモノを固定しておき、工具を回転させる転削と呼ばれる方法もあります。

こちらは回転そのものは機械の動力を利用しますが、接触させる際の速度調整など柔軟に対応できるため、複雑で繊細な加工が可能です。このように切削加工は制作する製品によって使い分けることで、効率的に良い品質を生み出せます。つまり加工したい製品によって、旋削や転削の意味を考慮して使い分けることが、品質はもちろん作業の手間を大きく軽減してくれます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です