切削加工の意味と基本知識

切削加工の意味は文字通り材料を切る、または削ることによって形を作っていく加工方法のことです。プラスチックや木材はもちろん、石や金属もこの方法で加工されています。硬い金属も機械の力を活用すれば、驚くほど短時間で綺麗に仕上がるので、今では主流となっている加工方法です。機械を使った切削加工は主に3つのタイプを、目にする機会が多いでしょう。

一つが旋盤器と呼ばれる機械で、円柱の材料を切削していくのが得意です。円柱の材料を回転させながら強固な刃物を押し付けることにより、ハイスピードで切削加工を行います。この旋回させることで加工するので、旋盤と言う意味になったようです。またネジを切ったり、ドリルで穴をあけることも可能で、割と幅広い対応力がある加工機材となります。

次にフライス盤ですがこれは回転する刃物のついた工具を材料に押し当て、切削する方法です。歯車のような形状をした刃物を用い、平面を削っていくのにも適しています。最後にNC工作機械が現在は使われる機会が増えており、精度と幅広い用途から今後も活躍の場を広げると考えられるでしょう。NCはニューメリカルコントロールの頭文字で、数値制御を意味しています。

データ入力すると機械が自動で素材を切削し、多彩な形状に仕上げることが可能。1000分の1ミリメートル程度の精度をだせるので、精密さが要求される場面でも良く使われています。このような自動制御は旋盤などにも導入が進み、製造の在り方が変わってきました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です