切削加工の切削における影響とは

切削加工とは機械を使用し金属などを削る技術ですが、削るといっても穴を開けたい時や表面を削りたい時では加工する工具や加工方法が異なります。材料の形状やサイズにより、船場にゃフライス盤、マシニングセンタなど加工に用いる機会も変わってくるので、必要に応じて加工方法を使い分ける必要があります。実際に切削加工における切削の影響として、最も望まれることとは加工時間が短く工具寿命が長く、そして加工精度が良いことです。それには被加工物の材質やかたさ、形状や状態と工作機械の性能を考慮して決定し、能率的な切削条件の選定が必要不可欠です。

そして切削速度は工具寿命に大きく影響を与える要素の一つであり、速度が速くなるにつれて切削温度が上昇し工具寿命が極端に短くなってしまいます。被削材のかたさや種類により切削速度は異なってくるため、それに対する適正な材種の選択が重要になります。実際に切削速度における影響には、速度を20%上げると工具寿命は12/であり、速度を50%上げると工具寿命は1/5に低下します。そして低速度側でもびびり振動が発生しやすく工具寿命が短くなります。

他にも切削加工における送りも影響を与える要因となり、仕上げ面粗さと大きな関係があり要求される仕上げ面粗さによって決定される場合が多いですが、この要因からの送りは、送りを小さくすることで逃げ面摩耗が大きくなり工具寿命が短くなり、送りを大きくすると切削温度の上昇により逃げ面摩耗が大きくなりますが工具寿命への影響は小さい特徴があります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です