自動車で切削加工をすることで与えられる影響

日本は世界屈指の自動車製造工場が国内にたくさんあり、年間約7000万台もの車を海外へ輸出している大国です。大手三社の加工場が国内にあり、その拠点では組み立てから切削加工まで実施をしています。約800万人もの方が作業に従事をしていますが、2025年までに全自動化をなされる予定で大幅な人員削減をなされることでしょう。以前であれば溶接をしていた切削加工も、今後は自動化をなされる予定です。

そこでここでは自動化後の切削加工が自動車に与える影響について見ていきましょう。溶接であれば必要な箇所だけカットをしていましたが、産業ロボットではまだそれを正確に見抜くことはできません。当初のプログラム通りに作業を進めていくので、図面通りの製品は完成しますが、一部欠陥を持つ商品ができる可能性もあります。欠陥があると全商品に多大な影響を与えるため、限りなく避けたい事象でしょう。

そこで考えられるのが、切削加工は今まで通り熟練技術を有する職人スタッフが管理をするということです。この影響で、多少は工場内でベテランスタッフは在籍することが伺えます。切削加工をマスターするまでには、約20年の勤続年数が必要と言われているほどです。世界各国の向上でオペレーションシステムが導入されていますが、モノ作りの大国である日本ではまだ人の手に頼る信頼と安全を持つ管理を成されていくことが分かるでしょう。

影響はさほど大きく出ることはないといえます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です