射出成形とはどのような技術か

世の中で使われている製品にはさまざまな加工方法が用いられています。中にはあまり聞いたことがないような加工方法もあるでしょう。射出成形とは金型を使った加工方法のことを言います。主にプラスチックなどの素材を加工する方法として導入されており、身近な製品の中にこの加工方法が使われていることもあります。

射出成形とは金型を用いた成形法の一つですが、プラスチックなどの材料を加熱して溶かし、金型に送り込んだ後に冷やすことを目的としています。注射器で液体を送り込む様子に似ているため、このように呼ばれているということです。射出成形の加工の流れとは材料を溶かすことから始まります。次に材料を流し、固めて取り出すという順番です。

最終的には仕上げとしての加工を行います。この加工方法ではさまざまな形に部品を素早く大量に製造することができます。そのため日用品などさまざまな分野の製品で利用されているということです。射出成形機は電動式や油圧式、ハイブリッド式などの種類があります。

機械の構造は材料を溶かして金型の内部に送り込む部分と、金型をセットする部分に分けることができます。近年ではコントローラの制御により、高速射出が可能な機種が登場しています。また、液晶モニターの導光板を専門に成形するような特殊なタイプもあるということです。射出成形は大量生産に向いている加工技術ですが、精度の高い成形品を作り出すためにはいろいろな条件について知っておく必要があります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です