射出成形とは?その仕組み

射出成形とはプラスチックを成形する方法で、もっともメジャーなやり方とされています。成形するための機械(射出成形機)を使用して行う事となっており、材料(プラスチック)を射出して成形をする仕組みです。具体的には金型に流し込んで(射出)、高い圧力で成形します。金型に注入すると高い圧力がかかるので、しっかりと締め付けておくことが必要です。

力が弱いと精度が悪い製品になりやすく、製品にバリが発生してしまったり、金型より大きなサイズの製品に仕上がってしまうなどの問題が起きてしまうので注意が求められます。射出成形とは機械で行う事となります。その仕組みとしては、プラスチック材料をスクリューに留めて金型側に射出した後に、冷却すると言うものとなっています。具体的にはスクリューシリンダーの中にヒーターによって溶けたプラスチックが入っていて、それらがシリンダーによってノズルから出して行くようになっていてその見た目が注射器っぽいのが特徴です。

またプラスチック以外にもマグネシウムを使って成形をするものもあります。射出成形とはそのための機械を使って成形していきます。機械は三つの装置から出来ていて、これは大きさに関わらず同じ仕組みになっています。制御するための装置であるコントローラーと、材料を熱で溶かして金型に注入するための装置である射出ユニットと、金型の開閉や材料の突き出しを行う装置となる型締めユニットがこれらとなっています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です