射出成形とは、金型の加工法で大量生産が可能です

射出成形とは、金型を使った加工法のひとつで、主に合成樹脂(プラスチック)などの素材を金型を用いて成形する方法です。プラスチックなどの材料を加熱して溶かして、金型に送り冷やして成形します。注射器に液体を入れる様子が似ているため射出成形と呼ばれています。複雑な形状の製品を大量に生産することが可能になるので、成形加工では一大分野となっています。

工程は型締め、射出、保圧から冷却、型開き、製品を取り出すというサイクルで、これを繰り替えてして連続的に生産します。射出成形とは複雑な形状など、様々な形の部品を大量に速く作ることができる製造方法でもあり、日用品だけではなく様幅広く利用され、様々な製品を作ることが可能です。加工方法は、専用の成形機を使用します。油圧式やハイブリッド式などがありますが、成形機の主な構造は、材料を溶かして金型の内部に送る射出部、金型をセットする部分で構成されています。

加工は材料の投入口に樹脂を入れ、シリンダーの中で暖めて液状にします。射出部から送り出された材料は、金型内部の管を通って成形部分に流れます。材料が冷えて固まると金型が開いて、成形された物が排出されます。最後に仕上げ加工でカットされて成形が完成となります。

射出成形とは金型の加工法のひとつですが、大量生産に向く加工の技術です。高い精度の成形品を作るためには、材料の選択や金型の加工精度、射出する際の温度や速さなど、作成の際の条件などをしっかりと熟知することが必須になります。射出成形とはのことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です