射出成形の方法とはどんなものか

射出成形とは、プラスチックなどの合成樹脂を加工するときに使う方法のひとつです。スマートフォンやパソコンの部品製造に使用されており、金型を使って成形しますが、材料を加熱して溶かし、金型に流し込み、冷やして目的の形状を得る方法です。複雑な形の成形にも対応し、連続加工も可能なために大量生産向きの加工方法であり、幅広いジャンルで利用されています。一般的な工程は、まず金型が開かないように閉じて締めつけ、ノズルを金型に押し付けて溶かした材料を金型に圧力をかけて流し込みます。

金型の圧をキープし、型内に入った材料を冷やして固め、完了したら金型を開いて成形した品を取り出して終了です。射出成形機は、一連の加工作業をすべて一台で実行可能なマシンで、主に型締ユニットと射出ユニットから構成されます。型締ユニットには、金型の装着や開閉・成形した製品の取り出しをスムーズにする機能があり、射出ユニットは材料を加熱し溶かして、金型内に流入する機能があります。射出成形のメリットは、いろいろな形・サイズの製品・部品加工ができ、加工後は仕上げなど後の加工工程も必要としないケースが多い点です。

連続して迅速に加工ができることから、生産性にすぐれ、初期投資で製品に対応する金型はいりますが、一度作成すれば製品生産時に材料だけ用意すれば、すぐに加工ができます。プラスチックの加工法では最近では3Dプリンターがあり、3Dプリンターでは金型は不要なのでコスト削減できますが、加工時に射出成形より人間によって制御できる部分は少なく、製品表現方法は限定されるところもあります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です