樹脂を加熱可塑化する射出成形の方法

射出成形法は主に樹脂を加熱可塑化し、可塑化された樹脂を高圧で金型内に射出し次に金型内で樹脂を固化して金型から成形品を取り出す工程になります。射出成形の方法はまずホッパーから落下するペレットをシリンダ内のスクリューを回転させて、前方に送るとペレットはシリンダ内のヒータで可塑化し成形機の前部にためます。次にためられた溶融樹脂を再度スクリューで高速高圧で射出し加圧冷却、固化してから金型を開き製品を突き出して取り出します。注意する点はペレットはホッパーから落ちやすいものを選定することと、ゲート部分は樹脂が射出される箇所でありクラックが発生することです。

また射出成形品は後収縮により変化するので検査は一定時間放置後に行うことと、ポリアミド等の吸水性を有する樹脂では吸水による寸法変化にも注意します。熱硬化性樹脂の射出成形の方法は樹脂をシリンダ内で加温して流動性を与え、その樹脂の硬化温度に設定した金型中に射出します。この方法の注意点はシリンダ内では流動性が必要なので、硬化しない温度に設定するのとスクリューによる圧縮において加圧による硬化を防ぐよう設定することです。それから射出速度は速すぎると摩擦のため発熱硬化し、遅すぎると流動性不足のため外観不良の原因になるのでその点も気をつけます。

熱可塑性樹脂の場合とは違い残渣の再使用が不可能でシリンダー内で必要以上滞留させると硬化するので、一時成形を中止する場合には樹脂をすべて除去が必要です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です