射出成形の魅力そして方法

射出成型は樹脂製品の製造に適した方法で、金型さえあればさまざまな形が比較的自由に成形できるので、とても効果的です。よく知られた製品として、スマートフォンのカバーやUSBメモリを初めとする電子機器の外装さらにはプラモデル、あるいはハンガーといったものがあります。つまり身の回りにある樹脂製品の多くは、射出成形によって製造されているのです。というのも射出は、複雑な形状の成形でも容易で、しかも高速に大量生産できる点に大きなメリットがあるからです。

その手順は、材料をホッパーへ投入し、加熱することから始まります。加熱することで材料を溶かし目的の形状に成形し易くするのです。溶けた材料をスクリューのスピードを調節しながら金型へ押し出せば完成です。もう少し細かく分類すると、材料は一種類とは限りませんし、金属などと一体成形することもあります。

手近な物でいえば、ハサミの指穴がプラスチック加工されている商品は、金型の中に未加工のハサミを入れておき、そこへ樹脂を流し込みます。あるいはデザイン性を考慮し、素材そのものや色を変えて成形した化粧品の入れ物やパソコンのマウスとしても目にすることができるでしょう。日頃意識しなくても射出成形によって造られた製品は数多く存在するのです。またこの方法は大量生産に向いているのでコストを抑えられます。

ただしプログラムを組んで直ちに成形できる方法と違い、金型が必要な点は考慮の必要があります。とはいえ射出成形のデメリットを差し引いても、多様な製品を生産できる方法ですから、とても魅力的です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です