射出成形で加工する方法

射出成形は金型を使った加工法の一つで、プラスチックを加工する方法として主に導入されています。この射出成形は複雑な形状でも素早く大量に製造することができますから、幅広い分野の製品で利用されているのも特徴です。私たちの生活ではプラスチック製品は当たり前のようにあふれています。こういったプラスチック製品のほとんどは射出成形という方法で作られています。

一見すると複雑に見える製品でも原理はシンプルで、約200度で溶かしたプラスチックを金型の中に流し込んで冷やし固めるといった方法です。一度金型を作ってしまえば複雑な形のものでも高品質に作ることができますし、速いスピードで生産することも可能です。一度金型を作れば大量生産も可能と書きましたが、金型の製作には高い精度が問われることになります。金型には温度だけではなく圧力もかかりますから、圧力計算も必要になりますし、温度によって収縮しますから収縮率をあらかじめ計算して作る必要もあります。

このような注意点を踏まえたうえで商品の形状や機能に応じて金型は作られていきます。日本の高いモノづくりの技術は、さまざまなわざと経験によって成り立っています。特に射出成形は環境や形状によってどのように変化するかを熟知していることが最も重要となります。近年では3Dプリンターを使用して金型のコストをかけずに加工している会社もありますが、より高性能な製品を作るにいは射出成形が望ましいといえます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です