射出成形の概要とそのメリット

射出成形とはプラスチックなど可塑性物質を加工する方法です。プラスチックを加工するのにもっとも用いられている方法です。ちなみに射出成形の次に使われているのは押出成形です。射出成形はプラスチックなどを軟らかくなる温度まで温め、注射器のような道具で金型に流し込み、冷却することで形にします。

射出成形に用いる機械のユニットを大きく分けると射出ユニットと金型、型締めユニットです。射出ユニットはスクリューを進めることで軟化した材料を射出し、防止弁で逆流を防止します。金型は望む形のものであり、型締めユニットは金型が広がるのを防ぎます。この方法で成形された製品は私たちの周りに数え切れないほど存在します。

食品の容器やスマートフォンの部品、家電製品などです。材料は1種類だけでなく、複数使用することもあります。複数の色を使って成形することを多色成形といい、カラフルな製品をつくるときに採用されます。この方法のメリットはまずさまざまな形状とサイズの製品に対応することです。

冷却により硬化したあとで金型から外すと、仕上げ工程が必要ないほどこともメリットです。そして射出成形だと立て続けに素早く加工できるから大量生産が可能です。金型に初期コストが欠かせませんが、生産効率のいい方法といえます。前述の押し出し成形は、機械から材料を押し出して連続的に成形する方法です。

シンプルな形状のものであれば簡単につくれることがメリットです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です