射出成形のメリットとは

金型を使った加工の一つで、プラスチックなどの素材を加工する方法として業界に広く導入されているのが射出成形と言われる加工方法です。プラスチックを溶かして金型に送り、冷やして固めることで目的の形にします。注射器で中身を押し出す様子とにていることからこのような名前になっています。加工の流れは、材料を溶かし、流して固め、取り出して仕上げの加工を行うという順になります。

射出成形のメリットの一つに、複雑な形状のものを簡単に加工できる点や連続して素早く同じものを加工できることです。このことにより、日用品や家電製品、自動車の部位など幅広く生活の中に浸透しています。従来の金型製作は、製造に一定期間かかり素早く生産することができなかったりします。また金型製作のあとは手作業で仕上げが行われるため製造コストが高くなりがちでした。

さらに極端に分厚く加工することや極端に薄く加工することが難しいということがありました。射出成形のメリットは、精密な加工ができるため様々な形状のものができます。さらに成形したものは、あとでの加工が必要ありません。そのため、一度金型を作ってしまえば、あとは材料のみで製作することができます。

そして、生産量を増やすことにより、コスト削減が可能になりました。また、射出成形では溶かしたプラスチックを冷却するという工程を経て製品を取り出さなくてはなりません。冷却に時間がかかるため少量品や試作品の製作にも向いているというメリットがあります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です